上手な住み替えのポイント

ホームお役立ち情報 keyboard_arrow_right 上手な住み替えのポイント

子育て世代の場合

子育てを考えたとき、理想の住みかえ先のイメージは「自然が多く、近くに広い公園のある街」。
やはり、子育て世代は郊外の戸建住宅を望む方が多いようです。
「家は子供のために買う」というように、子育てのための環境が望まれています。
ただし、利便性という面では、都会には劣るため、小学校、中学校といった一時期を過ごした後は、都会に戻れるように現在の自宅は残しておきたいというお声も。
ライフスタイルに合わせて、つねに一番条件にあった暮らしを選びましょう。

  • どういう家に住みたいか

    どういう家が住み替え先に選ばれているか。
    住み替えたいと思った理由は?
    当サービスをご検討いただいているお客様の理由として、多いのが「自然のある環境」や「治安の良さ」「力まない子育て」など。
    大切な子育ての時期に、自然の中でのびのびと育てられる環境を整えてあげましょう。

    住み替えを検討することになった理由

    • 子育てを考えて。
    • 自然が多く、近くに広い公園がある。
    • 近所に遅くまで開いている店が少なく、治安が良い。
    • 公立の学校に進学する家庭が多く、のんびりした子育てができる。
    • 実家の近くに住んで、親の顔が見られる場所にいたい。 など
  • 住み替える住居の選び方

    住み替え候補の家を選ぶ際、ポイントを絞ることが重要です。今後の生活を具体的にイメージして押さえておきたいポイントを明確にしておくと良いでしょう。

    • 戸建住宅とマンションのどちらが良いか
    • 駐車場の有無(戸建住宅では複数台のスペースがあるか)
    • 自転車置場が必要台数分あるか
    • 通勤などの交通アクセスの利便性
    • 日常の買い物や通院など、近隣施設へのアクセス
    • 学校への距離
    • 親の家の近く など

シニア世代の場合

子どもたちが独立してから、長く夫婦ふたり暮らしという方が増えています。
今の家の立地では、買い物や通院など日常の用事には、常に車が必要。子どもがいた頃には、頼むこともできたが・・。
ただ、長年住み続けた思い出の家は残しておきたい。
そんなとき、「お家は残したまま、住む家を変える」という新しいスタイルで、自分たちにとって本当に合った暮らし方を考えてみましょう。

  • どういう家に住みたいか

    どういう家が住み替え先に選ばれているか。
    住み替えたいと思った理由は?
    当サービスをご検討いただいているお客様の理由として、多い理由が「子どもの独立」や「自分たちが高齢になっていくこと」により日常生活の些細な事に苦労や手間が増えていくこと。
    日常生活の様々な負担を引越しすることで解決したい。
    そのような方に、立地条件の良い駅近くの都会のマンションが多く選ばれています。

    住み替えを検討することになった理由

    • 子どもたちの独立など、同居する家族が減ったから
    • 日常の買い物や通院など、近隣施設への公共の交通アクセスが良い立地に住みたいから
    • 子どもや孫の近くに住みたいから など
  • 今の家に愛着があり、家は手放したくないという方が多い

    家は大事な資産であるとともに、そこで長年生活してきたご家族にとってかけがえのない故郷、思い出がたくさんつまった場所です。
    当サービスをご検討いただいているシニア世代のお客様の多くが、移住はしたいが今の家は手放したくないという想いを持っておられます。
    当サービスは、無理に手放すことはせず、住まいだけを変える新しい住まいのスタイルです。

  • 住み替える住居の選び方

    住み替え候補の家を選ぶ際、ポイントを絞ることが必要です。今後の生活を具体的にイメージして押さえておきたいポイントを明確にしておくと良いでしょう。
    特にシニア世代の方にとっては、車が無くても日常生活を快適に過ごせる利便性の高い立地を好まれるケースが多いです。

    • 日常の買い物や通院など、近隣施設への交通アクセスが良い
    • 観光地周辺や趣味の娯楽施設の近い立地に住みたい
    • 期間限定で好きな場所に住んで夫婦の時間を楽しみたい
    • 子どもや孫の家の近く など

お役立ち情報

arrow_drop_up ページの
トップへ